読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しがります負けたって

舞台と旅とたべもの

セミオーダー下着サロン、デューブルベが最高だった

f:id:oukakreuz:20170325155734j:image

アラサー女子が集まると、しばしば下着ブランド迷子の話になる。

服やバッグに靴、外から見えるものは好みのもので揃えた。それなりに大人になったしインナーにお金もかけられる。下着って本当に良いものは服越しのシルエットが変わったり姿勢が正しくなったりすると聞くし、ちゃんとしたものに買い替えていきたい。けど、どこでどうやって買えばいいのかわからない。
インポートランジェリーはおしゃれで素敵だけど、いきなり数万円のブラを買うほどの覚悟はない。かといっておばさま向けのベージュの締め上げ下着というのもテンションが上がらないし、このままファッションビルの可愛い通販ブランドで買い続けていいものか。
基礎化粧品なんかでも言えることだけど、「若い頃からプロに選び方を教えてもらうこともなく、なんとなく買える場所で買ってなんとなくリピートしてるけど、めちゃくちゃ満足しているわけではないし、世の中にある膨大なブランドの中から自分にベストなものを選べているとは思えない」という状態の人が多いように思う。最も肌に近いところに身につけるものなのに。

私なんか自分の正確なサイズすらわからなかった。そもそもちゃんと店員さんに測ってもらう頻度がものすごく低い(数年に一度)上に、体重の増減が激しいので測る度にアンダーサイズは変わっているし、同じブランドでも商品によって自分に合うカップ数が違うこともザラにある。だから家の下着ケースにはアンダーサイズもカップサイズもばらばらのものが普通に並んでいる。
アンダーがぴったりでもカップが浮きまくっていたり、かろうじて隠す役割は担っていても身体のラインを補正しているとは思えないものもあって、最近はユニクロのブラトップに逃げたりもしていた。でもブラトップって継続してると明らかに胸が小さくなるんだよね。若いうちにちゃんとした下着を着けないと、脂肪はどんどん重力に負けていくとも聞く。うーん、やっぱり多少高くてもいいからちゃんと自分にぴったりの下着がほしい!

ということで、口コミで人気が高いワコールのデューブルベに行ってきた。

www.wacoal-dubleve.jp

サイトを見ると「カウンセリング〜サイズ採寸・オーダーで1時間弱必要。事前予約がおすすめ」とあったので、仕事の昼休みに電話してその日の夜の予約をさくっと取った。平日夜だからか、そんなに混雑してる感じでもなかったけど、同時に3人くらいは試着室に入ってたかな。

  • カウンセリング

新宿伊勢丹のデューブルベコーナーに着くと、まずは担当さんがカウンセリングをしてくれる。なぜセミオーダーを作ろうと思ったのか、現在の悩み、どういう形の胸にしたいか、などなど。軽く質問される感じ。

  • サイズ採寸

試着室に入って、上半身ヌードになるように言われる。汗を拭くタオルや体を隠すためのストールも用意されていて、準備が整ったらベルを鳴らして担当さんを呼ぶ。
「なかなか人前で上半身ヌードになることって無いと思いますし、緊張されると思うので、心の準備ができてから鳴らしてくださいね」と言われて、ほっこりする。ストールを巻いて再度担当さんに来てもらって、採寸開始。
この時に、再度自己紹介してくれたのもワコールと伊勢丹のホスピタリティーを感じた。プライベートな部分だものなあ。そしてカウンセリング中にはサイズなどを一切聞かれていなかったことにも気付く。他の人がいるところではそういう話をしなくて良いようになっているんだな。
採寸はアンダーバストを測った後、ワイヤーとカップの大きさを専門の器具を使って測っていく。専門器具はなんか、靴屋さんの道具みたいでびっくりしたのでぜひ実物を見ていただきたい。

採寸しながら商品の説明を受ける。既製品のブラジャーは、5センチ間隔のアンダー・それに合わせたワイヤーとカップでできている。だから、人によってアンダーがちょっときつかったり緩かったりするのは当たり前だし、「谷間を作るブラ」とか「脇すっきりブラ」みたいなワイヤーに特徴がある商品はカップが合わず、胸がカップに対して少し足りなかったり、逆に肉感が出すぎてシルエットが太って見えたりする。頭に大きすぎる帽子を被っても、小さすぎる帽子を乗せても安定しませんよね?それと同じですと言われた。なるほど。
デューブルベはアンダーサイズを1センチ単位で注文できる。私はこれまで65センチか70センチのものを買っていたのだけど、ちゃんと測ったら66センチだった。なるほど、トップ−アンダーで決まるカップ数もころころ変わっていたわけだ。
ワイヤーは何種類か当てて、カップの形(3/4とか4/5とか)を選んでいく。この時に、左右の胸の大きさの違いまで考慮するのに驚いた。左の胸の方が大きい場合、左に合わせた大きめの形にするのか、右に合わせた小さめの形にするのか。大した違いじゃないように感じるけど、上から布を当てて服を着た時のシルエットを見せてもらうと、結構印象が変わる。
腕を上げたり下げたり、前屈みになったりして苦しくないかを確認して、採寸は終了。
最後に自分の下着を着ける時に、今持っている既製品のものを上手に着ける方法を教えてもらう。ストラップもちょうどよい長さに調節してくれる。や、やさしい…。

  • オーダー

自分のサイズと希望の型が決まったら、その型で作れる下着のサンプルを担当さんが持ってきてくれる。シンプルな無地のものからレースいっぱいの華やかなものまで。
選んだものを注文したら、お支払いして終了。製作には1ヶ月ほどかかり、引き取りの際にはまた正しい着け方などを教えてくれるらしい。
また、今後は店頭に行かなくても電話やオンラインのオーダーが可能だそうで、カタログを見ながら好みのデザインを伝えると、自分のサイズに合って注文できる型はこれ、という風に教えてもらえるそう。体重が増減した際などは定期的にサイズ測定することを勧められた。

まだ試着しただけで完成品は手元に届いていないけど、こんなにぴったりで浮かないのにきつくもない下着があるんだ!ということに感動したし、何より担当さんの接客が本当に良くて、ずっと楽しい気分でお買い物ができた。
しかも、商品がめちゃくちゃ安かった。一つ目ということで装飾のないシンプルなものを注文したところ、なんと9000円。更に新規キャンペーンをやっていたのでそこから1000円引きだった。百貨店で1時間みっちり担当さんにカウンセリングやら採寸やらしてもらったのに、普段適当に買っている既製品より安いってどういうこと。デザインが凝ったものはひとつ1.5万〜くらいはするみたいだけど、十分にお手頃だと思う。家にあるものを一掃して全て買い替えたくなった。
完成品を受け取りに行くのが楽しみだし、季節毎に新作カタログが届くのもとても楽しみ。少しずつアップデートしていくぞ。

 

ちなみに私が行った新規キャンペーンは今月中どこの店舗でもやっているみたいなので、興味のある方はこの機会にぜひ。

ブラのオーダー | セミオーダーブラ 体験キャンペーン | ワコールデューブルベ

グランドホテル/カルーセル輪舞曲

感想

f:id:oukakreuz:20170314002540j:image

おひさしぶりの東京宝塚劇場(東京に引っ越してからもなぜか宝塚はムラで観ていることの方が多い)
今回は新しい試みで、たまに集まってごはんを食べながらミュージカルを語る会をやっている仲良しフォロワーさん5名での観劇会でした。普段ソロ観劇がほとんどなので、友人、しかもこんなに大人数で並んで観るのなんて初めてで、わくわく。
みんなヅカ歴は長いものの最近は知らない子ばっかりだなあ…という状態なのに対し、1人の方が今でも遠征する現役ヅカヲタで、幕間にはさっとパンフレットが渡され、見所を教えて頂き、終演後には「あの場面で踊ってた子は誰ですか?」と聞くと即座に「あ、あれは◯◯さんですねー、◯期で、最近新人公演で◯◯役を演ってました」と詳細情報が得られるという、至れり尽くせりの観劇だった…笑

 

グランドホテル

まずはたまきち、トップ就任おめでとうございます。2・3番手だった時代(あるの?)を全然知らなくて、気付いたらすごい若い人がトップになってるー?!という印象だったんだけど(すみません)立ち姿に華があって、他劇場での公演を重ねているからかお披露目には見えない落ち着きぶりだった。年の離れた美女に惹かれる貧乏貴族、似合ってた。
しかし私はBWのオリジナルも宝塚の初演も観てなくて、全く前知識の無い状態で観たのでラストに割と衝撃を受けたよ…。お披露目で死ぬんかい!
後で調べたら初演はサヨナラ公演なんですね。さもありなん。

兎にも角にも、ちゃぴちゃんが素晴らしかった!もう、彼女はどこまで娘役の道を極めてくれるんでしょう。見る度に「こんなに存在感のある人だったっけ」「こんなに綺麗だったっけ」と惚れ惚れするんだけど。今回も良かったなあ〜。ばっちり、往年のバレリーナだった。
アントワネットやエリザベートのように若い時から年齢を重ねるのでなくて、登場時からアラフォーの役を娘役トップが演じるのってかなり珍しいのでは。
歳を重ねたけど美しくて無邪気で自分に正直な芸術家、15も歳下のイケメンに一目惚れされる設定に全く無理がない。すごい。ちゃぴちゃんすごい。最初から最後まで釘付けでした。

あと想像以上に良かったのがオットー役の美弥るりかさん。みやるりさん、1789でも上手くなったなーと思っていたけど今回はほぼ主役でしたね。こちらもかなり年配の役だろうけど、かわいく魅力的に演じていらした。

フラムシェンのわかばちゃんも良かったです。下手すると軽薄で下品にもなりかねない役を、宝塚の娘役像を壊さない範囲で、無鉄砲に憎めない女の子にしていた。なんか一緒にいたらオットーも元気になれそう。

作品としては曲とセットが好みで、本来の演出でも観たいなあと思った。宝塚の本公演は絶対的な主役を作らないといけないから、群像劇に向いていないんだよな…。
初演時のキャストを調べたら豪華すぎてびっくりしたんだけど、トップコンビがオットー&フラムシェンなのね。これはこれでかなり見え方が変わってきそう。そして外部公演のエリザヴェータ役の女優さんが錚々たる面々で、これも気になった…。(草刈民代が演じる往年のバレリーナって、そのまんますぎるでしょ!そしてそれに惚れる伊礼彼方って!観たい!)
エリザヴェータとラファエラの関係はもちろん大好物です。部下が心酔しきった束縛系主従百合よいよね…。
全員が主役だし、全員が脇役でもある、この場所、ハコ自体が真の主役だよ、みたいな群像劇は大好物なのですよね。ホテルという場所も好き。ということでかなり好きな作品でした。
梅芸版も観たフォロワーさんにラストの演出が大幅に変わっていると聞いて、そっちの演出(エリザヴェータが客席降りで薔薇の花を投げながらはけるのを舞台から見守る死んだ男爵)の方が好みな気がしたので、映像化希望…。

ルーセル輪舞曲

ショーを久しぶりに観たので楽しかったです。というか実は、グランドホテルを2幕物だと勘違いしていたので、劇場に着いてからレビューがあることに気付いたのだった…。
こちらはちゃんとお披露目な感じ。死なないし(笑)みんな勢揃いで未来へ向かうぞ〜!みたいな中詰めも多くて華やか。
そしてこちらでも場をかっさらうちゃぴちゃん。どの場面でもちゃぴちゃんばっかり見てしまったよ…。あとお芝居では年配の役をしていた世界の恋人こと華形ひかる氏が本領発揮していたのも懐かしかったです。
幕が開いた瞬間から鎮座していた木馬がずーっと気になっていて、いつ飛ぶんだろう…やっぱりトップが乗るんだろうな…と思っていたら最後までマジでただのオブジェだったのには爆笑しました。ベルばらのトンデモ演出に慣れて脳が麻痺してたわ。
でもさ、パリの場面はともかく思いっきり砂漠の真ん中みたいなシーンでも、大階段になってもあの木馬を置いてる意味はあったのか?!いや宝塚のレビュー演出に意味なんて求めてはいけないんだけど。
あと東京宝塚劇場が久しぶりすぎて、ロケットの時に床が揺れるのを地震?!と思って焦ってしまった…笑
唯一、王道の黒燕尾群舞に娘役をわらわら入れて、上手と下手で全然違う振付を入れてたのはいただけなかった…群舞はどこまでもシンプルでいいの!びしっと決まった黒燕尾が見られたらそれでいいの〜〜。
お披露目の割に主題歌が弱いな、耳に残る曲がないなーというのも思ったけど、宝塚のレビューに曲の良さまで求めてはいけない。グランドホテルの曲が全て良かったし目に楽しかったから十分満足です。新生月組さん、楽しみです。 

 

ノートルダムの鐘

感想

f:id:oukakreuz:20170310214211j:image

縁あってチケットをお譲り頂き、ノートルダムの鐘を観てきた。

f:id:oukakreuz:20170310214313j:image

10年以上前から四季の会会員で、実は今も継続はしているのだけど、前に観た四季作品が何だったか思い出せ無いくらい久しぶりだ。アラジンも結局チケット取れないな〜と言っているうちにNYで観てしまい…。大阪のLKも行ってないし、本当、前に観たのいつだろう?!
劇団四季を観なくなったのは生オケが無くなったあたりからで、大好きだった方々が退団されてしまい、京都劇場がなくなり、大阪のロングラン作品が交代し、あと単純に四季レパートリーは全作品観てしまったので遠征するほど観たいものもなく…という状態だったからで、別に四季アンチとかいうわけではないです。あしからず。最近の方針は本当にどうかと思っているけど。アンチではない。

とにかくそれぐらい四季から離れて久しいんだけど、ノートルダムは開幕からいつか観たいな〜と思っていた。なぜかというと、映画のノートルダムがめちゃくちゃ好きだからです。好きすぎて学生時代にクラス劇の演目に推薦して脚本演出やったくらい好きです。
曲と美術とパリの街が美しく、お姫様も王子様も出てこない、主人公の容姿が醜い設定、悪役は悪魔や魔女でなくただのセクハラ親父というディズニーでも異色のこの作品、日本語吹き替えキャストが全編四季なんですよね。歌手を起用することすら珍しいのに、なんという本気キャスト。当時の四季のベストメンバーが歌っていて、とても耳福なのだ。ということで四季劇場では昔からノートルダムの鐘のサウンドトラックは販売されていて、ソング&ダンスでも定期的にノートルダムの楽曲は歌われていて、「ここまで四季にとって大事にされている演目なのに舞台版はないんだよな」と思っていたので、輸入が決まったときはとても嬉しかったし、同時に、どう考えても最近のLMやアラジンのような客寄せになる演目じゃないのに思い切ったな、と驚いた。(きっと他作品のバーターなんだろうな…と勝手に思っているけど)

 

前置きが長くなったけど感想ツイまとめ。

2幕まで観て。

ガーゴイルや街の人々が延々と語る形式、2幕の佳境あたりからはさすがにくどく感じたかも。カジモドが衝動のままに動いているときに「カジモドは初めて衝動のままに動いた(例です)」みたいなことを言われると、う、うん、今すごい良い演技でそれを感じてたところだよ…!説明いらない!と思ってしまう。笑

 

私はとにかくフロローが好きなんだ!

 

エスメラルダがまじでいい女なのでフィーバスのどこにやられたのかさっぱりわからない。一緒に行きたい理由あるかな。
クロパンが映画より嫌なやつだったので(よりジプシーの王らしくはある)反動で良く見えているだけでは。。

 

クワイアは別枠採用の方々もいるという話も聞きました。

クワイア本当に重厚感があって良かった…作品の肝。

 

ラストにとにかく衝撃を受けた(そこは映画より原作準拠なのね…という)けど、もしかしたらこれがディズニーがこの作品を買ったときに本来やりたかったことなのかな、という気もしたな。
何を感じましたか?と語りかけられるのは本当に蛇足だと思ったけど、曲もアレンジも好みの作品でした。どれだけ大勢で高音を歌っても歌詞がはっきり聞き取れる、四季の安定感も実感した…また観に行こう。

現在使ってる化粧品と最近まで使ってた化粧品を書く(後編)

前編では洗顔〜ベースメイクまでに使用するものを書きました。

oukakreuz.hatenablog.com

 

個人的に化粧するのもコスメを選ぶのも、楽しいのはここから後の工程だと思っている。

 

カネボウ ケイト KATE デザイニング アイブロウ N EX-4

カネボウ ケイト KATE デザイニング アイブロウ N EX-4

 

はい、みんな大好きケイトのアイブロウ。安いし優秀。これでぼんやり描いてから

製品情報|アイブロウ トリートメントのアナスタシア

こちらのアナスタシアのペンシルで輪郭をちょっと足したりする。アナスタシアの眉サロンは自然に綺麗な形に整えてくれてとても好きなんだけど定期的に通うにはお高いですね…。

 

アイシャドウ

www.kanebo-cosmetics.jp

一番使っているのはルナソルのショコラアイズの2番。発色良いし見た目もかわいいしほんのりチョコレートの香りがするのも好き。ちなみに羽田の免税店では2000円引きくらいで買えるよ!

 

www.threecosmetics.com

大人気で気になっていたので購入した瞼用のグロスの1番。さっと塗るだけで濡れた感じになるのがいい、ていうかグラデとか作らなくて良いので時短としても便利。

 

www.dior.com

ピンクとかカーキとか、普段は使わないけど色物はDiorで買ってしまうことが多い。単純にDior好きだからです…。
以前よく使っていたのは、KATEのベージュ系&ポールアンドジョーのカラー系。

 

アイライナー

 

ラブスイッチ ピンクブラウン アイライナー リキッドM

ラブスイッチ ピンクブラウン アイライナー リキッドM

 

同じものを使っている人に出会ったことがない…。ロフトとかに売ってるシリーズ。

正直アイライナーはブランドの違いをあんまり感じないけど、落ちない滲まないリキッドを選んでる。あと最近はアイライナーもマスカラもブラックよりブラウンが好きです。

 

マスカラ

 

ラブスイッチ オイルトリートメントマスカラM(ピンクブラウン)8.3g

ラブスイッチ オイルトリートメントマスカラM(ピンクブラウン)8.3g

 

ブラウンのマスカラを使ってみたくてここのマスカラ+アイライナーに落ち着いている感じ。でも結構つけまつげ?と聞かれてしまうのでまた黒に戻すつもり。

 

モテマスカラ リペア Lo(ロング)

モテマスカラ リペア Lo(ロング)

 

黒はモテマスカラを使ってる。以前めちゃくちゃリピートしてたのは、韓国コスメホリカホリカのポールマスカラ。

 

ホリカホリカ マジカル ポールマスカラWP ブラック

ホリカホリカ マジカル ポールマスカラWP ブラック

 

ホリカホリカは可愛くて優秀でプチプラで大好きだったなあ…なぜ日本に出店してくれないんだろう。

 

リップ(ケア)

www.dior.com

評判のこれ、毎日塗ってる。唇がうるうるになるし、すーすーするのも気持ち良い。

日頃持ち歩いているのはニベアロクシタン、あとは頂き物のどれか。

花王 ニベア ディープモイスチャーリップ はちみつの香り

花王 ニベア ディープモイスチャーリップ はちみつの香り

 

jp.loccitane.com

 

リップ(カラー)

リップはいろんなブランドで無数に買ってしまっているので、よく使っているものだけ…。グロスは苦手なのであんまり買わないです。

www.esteelauder.jp

仕事に行く日は大体これ。休日もかなりの割合でこれ。婚活リップでお馴染みの01番を使ってます。
本当に使いやすい色だし、刻印サービスがあるので、名前を入れて友達にもプレゼントしやすい。結婚式で受付をやってくれた友人達へのお礼の品にしたりしました。

 

ビビッドなカラーでよく使うのはDior

www.dior.com

とにかくDiorが好きなんです…。
使用頻度は高くないけど、マットなのはシャネル様も好き。

www.chanel.com

 

チーク・ハイライト

www.ipsa.co.jp

イプサのフェイスカラーパレットがめちゃくちゃ良い。チーク・フェースシャドウ・ハイライト全部入ってて、ウルトラ優秀。店頭で自分の顔に合う色をそれぞれ選んでくれるので安心感ある。最近使い切ったのでまた買いに行くつもり。

イプサ アイカラーペンシルWP 01

イプサ アイカラーペンシルWP 01

 

あとイプサのアイカラーペンシルのピンクをハイライト代わりに下瞼に引くとわざとらしくない涙袋メイクができるのでお気に入りです。友達に教えてもらってからリピートしている。

 

スタメンは大体こんな感じかな…。
普通に仕事に行くだけの日はベース+眉+THREEのアイグロス+アイライナー+リップ、くらいです。
お客さんと会うときや夜に予定があるときは目元をちゃんとグラデのアイシャドウにして、マスカラも塗る。本当は日頃からいろんな色のアイシャドウやリップを使いたい(その日の服のテイストに合わせて変えられたらすごくおしゃれだと思う)けど、朝の身支度時間にそこまで考えている余裕がないので、いつも同じ色です。もったいないな。
時短しつつ変化をつけられるようなメイク情報、お待ちしております。

ラ・ラ・ランド

感想

を見てきた。深夜24時からのレイトショー。

f:id:oukakreuz:20170304150132j:image

オリジナルのミュージカル映画ということで公開前はすごく楽しみにしていた。けど、周りのミュージカルクラスタが見た後の様子を見て、これは私が好みのやつではないかもしれない…?と薄々感じつつ行ってきた。

という感じ。
つらづら感じたことをついったに書いていたけど、未見の人もあれが大好きな人もいるだろうから、あとはブログに書くことにする。

これに尽きる。映画オタクの人たちの中で傑作と言われているのはきっとそういう部分なんだろうな、と思う。 私はそこまで映画には詳しくないけど、ミュージカルはとにかく好きで、ツタヤで取り寄せられる程度にメジャーな00年代くらいまでのミュージカルジャンルの映画はほとんど見ているので、オマージュ元の映画は割とわかった。

ミアが映画の世界に夢を持っている頃(最初の一年)は、華やかなりし頃のハリウッドらしい服を着ていてとても可愛いし、画面の色調も鮮やかでそれらしい感じ。


で、二人が夢に疲れ、現実的な成功に近付くほど衣装と映像は現代ナイズされていき、洗練されているけど夢がない(と思わせたいんだろう)見た目になっていく。そしてラストに二人が再会し、ララランドに入ったことで一気に蘇る色彩と華やかな夢の世界。

うん、古き良きハリウッドへの懐古に溢れたこの作品がハリウッド関係者やハリウッド大好きな方に受けるのもとてもわかる。わかるのだけど、「ララランドがつまらなかったと言う人は映画をわかっていない人だ、ハッピーでないエンディングに納得できないから面白くなかったんだろう」という意見が多いのは解せない。
むしろ私はエンディングはめちゃくちゃ好きだった、結末は百万点だったと思っている。

じゃあ何が原因でそこまで響かなかったのか…と考えてみた。

おしゃれなMV見てるみたい。私の中ではずっとそういう印象だった。

 


そうしたらフォロワーさんが、「ララランドは歌う必要性を感じなかった。本来、感情が高まった結果歌ったり踊ったりするはずのミュージカルなのに、ララランドの登場人物達はあまりにもさらりと歌っていた」と書いていらして、それだ!と思った。


心の情動が溢れ出して歌っているのって、ミアのオーディションくらいでは。それが悪いと言っているわけではなくて、新鮮だなあ、ということ。画面は美しいし、見ながら綺麗だな、楽しいな、とは思うけど、観客がその曲に大きく心を揺さぶられることを期待して作っているわけではない、気がした。とにかくさらっとしておしゃれだった。


つまりララランドの歌シーンは、正直、映画の中で流れているBGMを登場人物達が代わりに歌っているような感じだったんだな。別に本人が歌う必要性は感じなかった。もしくは妄想の世界に飛び立つためのトリガー。それもまた、過去のミュージカルの使い方とは全く違う。

あと、オマージュは評価ポイントでもあるけど、「オリジナルミュージカルを作った」と言うにはマイナスポイントでもあるのでは?と思ったり。


個人的にオマージュというのはわかる人が見たらちょっと面白い、くらいで留めておくべきで、あまりにも似たカメラワークや振り付けが続くのはどうなのかと思ってしまう。知らない人が面白く無いと感じてしまうのは論外だけど、ララランドは、この素敵なシーンは新しいわけじゃない、オリジナルが別にあるんだよと言いたくなってしまうようなところがちょこちょこあった…。いや往年の大名作が多いし、アメリカ人なら見ていて当然、そこも含めて楽しめよと言われたらそれまでだけど。
あまりにもあっさりしたMVぽさと過去の名作場面のつぎはぎ感が、全体を通して良くできた二次創作のように感じられてしまった、ということかな。

 

ミュージカルとしては好みではなかったけど、映画としてはまあまあに好きでした。エンディングはものすごく良かった。(2回目)

 

監督は、ハリウッド映画とジャズはめちゃくちゃ愛してるけど、ミュージカルのことはそこまででも無いんじゃないかな、というのが私の気持ちです。

 

あと、WEで舞台化が決まっていると聞いて…。


あとBWでなくWEで制作するというのも謎。あの話、イギリス人は絶対そんなに好きじゃないでしょ。笑

2月もぐもぐ

もぐもぐ

1月末で退職し、新職場に入社するまでゆるゆるとバイトとして働きながら楽しく過ごした1ヶ月。いろんな人と会う予定を入れたし、せっかくならどこかに旅行したくなって急遽フロリダと上海にも行ってしまいました。

そんな2月に食べたものまとめ。

 

例年通りチョコレート関係は別にまとめました。

f:id:oukakreuz:20170303231258j:image

 

oukakreuz.hatenablog.com

 

 

サイゼリヤ

f:id:oukakreuz:20170302213152j:image

チョコレートの受け渡しでりこさんとサイゼ。受け渡してるチョコレートの一粒分の値段より安いワンプレート…サイゼのコスパ素晴らしい。

 

y cucina

f:id:oukakreuz:20170302213334j:image

f:id:oukakreuz:20170302213416j:image

カポナータ

f:id:oukakreuz:20170302213455j:image

カルパッチョ

f:id:oukakreuz:20170302213528j:image

ウニクリームパスタ
ウニクリームパスタを食べるべく、とむさんと神楽坂の大好きなお店に。しかし私の体調が悪くなってほとんど食べられず、悔しいやら申し訳ないやら。ご迷惑をおかけしてしまった…。

 

サムライ

f:id:oukakreuz:20170302213654j:image

f:id:oukakreuz:20170302213750j:image

夫と義妹とその彼氏とスープカレーに。トッピングの選択肢がありすぎて迷う!とっても美味しかったー。スープカレーの具だと揚げゴボウとオクラが桁違いに好きです…。

 

ブレッツカフェ クレープリー

f:id:oukakreuz:20170302213917j:image

マッシュルームのガレット

f:id:oukakreuz:20170302213955j:image

オランジェットのクレープ。フランベして貰えるのテンション上がる。
AYUさんと銀座でクレープリー。どちらもとっても美味しかった!そしてお着物で来てくださったAYUさんに着物沼に勧誘されてぐらぐら揺れてしまう…。

 

板蕎麦 香り家

f:id:oukakreuz:20170302214258j:image

恵比寿のお蕎麦屋さん。友達と夫と温泉に行った帰りにゆく。板蕎麦初めてだったけど大きさにびっくりした。

 

クリスプサラダワークス

f:id:oukakreuz:20170303222805j:image

かずーはちゃんと近所でサラダ。ケーキを食べよう!と言って集まったのに2人とも野菜が食べたくなってしまった結果。笑

 

バーガーズベース

f:id:oukakreuz:20170303222936j:image

仕事中の一人ランチ。元祖佐世保バーガーなお店らしい。おいしい!
代々木周辺はランチ場所に恵まれている〜〜。

 

海南鶏飯食堂

f:id:oukakreuz:20170303223153j:image

ここの海南鶏飯が大大大好きで定期的に食べたくなってしまう。休みの日に一人ランチ。付いてるスープも好き。

 

ハドソンマーケットベーカーズ

f:id:oukakreuz:20170303223406j:image

いつもブラウニーやカップケーキを買ってるハドソンマーケット、友達からキャロットケーキも美味しいよ!と聞いて買って来た。好きな味。

 

フロリダのウォルトディズニーワールドに行きました。

f:id:oukakreuz:20170303223605j:image

oukakreuz.hatenablog.com

 

 

スターバックス

f:id:oukakreuz:20170303223838j:image

帰国したら桜になってた

 

エイト

f:id:oukakreuz:20170303223923j:image

夫とさくっと中華。小籠包欲が爆発してる。

 

りこさんと友達が遊びに来てくれて鍋

f:id:oukakreuz:20170303224035j:image

お土産の苺がとっても大きくて甘かった〜!

f:id:oukakreuz:20170303224152j:image

 

cha noma

f:id:oukakreuz:20170303224224j:image

中目黒で深夜までやってるカフェ。全く同時期に退職し、同じ国のベンチャー企業の同じ職種に転職したことがわかった高校の同級生と10年ぶりくらいに会って、ひたすら喋ってきた。面白いし刺激になるー、勉強しないと。

 

ラ パスタイオーネ

f:id:oukakreuz:20170303224448j:image
真イワシのコンフィとじゃがいものオーヴン焼き ミルフィーユ仕立て

f:id:oukakreuz:20170303224708j:image
タラ白子のペペロンチーノ パヴェッティーネ

f:id:oukakreuz:20170303224733j:image
生ウニとナスのトマトソース スパゲッティーニ
こちらに引っ越してきてからずーっと行きたくて、何度か電話したけどその度に予約できなかったパスタイオーネ。とむさんが席を取って下さって行ってきた!美味しい!全種類食べたい!上海情報をいろいろ教えていただく。

 

上海のディズニーランドに行ってきた。初めてのパーク久しぶりでひたすらわくわくしてた!

f:id:oukakreuz:20170303224944j:image

ちなみに毎日小籠包を食べていました。

f:id:oukakreuz:20170303225050j:image

 

ジャンポールエヴァ

f:id:oukakreuz:20170303225125j:image

帰国後、夫と近所を散歩していたらフェルベールコラボをやっているのを発見して吸い寄せられてしまった。詳細はチョコレート記事。

 

よよぎあん 

f:id:oukakreuz:20170303225243j:image

季節のポテサラ、蕪のソース

f:id:oukakreuz:20170303225324j:image

文旦と春菊の白和え

f:id:oukakreuz:20170303225414j:image

お刺身盛りにクエが入ってた!

f:id:oukakreuz:20170303225356j:image

鮪のねぎま鍋

f:id:oukakreuz:20170303225535j:image

〆の麺
いつ来ても何を食べても美味しいよよぎあん。片瀬チヲルちゃんとりこさんとごはん。今月あんまり日本にいなかったのにりこさんと会いすぎだな…笑
写真撮らなかったけど日替わりデザートの苺のコンポートに白玉と餡子が添えてあるやつもめちゃくちゃ美味しかった〜!

 

アンダーズトーキョー

f:id:oukakreuz:20170303225759j:image

フリーター最終日、平日にしかできないことしたい!とまやねーさんとアフタヌーンティーに行ってきた。久しぶりだ〜。良いお天気で、眺めも綺麗だった。

f:id:oukakreuz:20170303225902j:image

f:id:oukakreuz:20170303225938j:image

f:id:oukakreuz:20170303225956j:image

f:id:oukakreuz:20170303230013j:image

美味しいし目にも楽しいし。4時間ずーっと喋ってた。まやねーさんと会うと元気になる!
ちなみにこの日まやねーさんは着物で来てくれたんだけど、アフタヌーンティーの前は呉服屋さん巡りをして着物沼に勧誘されていました…。

f:id:oukakreuz:20170303225730j:image

かわいかったよおお…。

週の半分くらい仕事に行きながら1ヶ月の息抜き、バランス的にちょうど良かったです。思ってたより旅行もできたし満足だー。
3月からは新しい職場で新しい仕事を頑張ります。

チョコレート戦争2017

一年中チョコを食べているけど、やっぱりこの季節は消費量がぐっと増える。チョコレート界のコミケ・サロンデュショコラはもちろん高島屋のアムールドショコラも2〜3回は覗くし三越伊勢丹のバレンタイン催事はサロショコで買えなかったものが買えたりするので見逃せない。ふらふら歩いているとすぐ気になるチョコレートを見つけてしまい、この時期は会う友人友人にチョコレートを配りまくって「サンタみたい」と言われたりした。

ということで今年もバレンタイン時期に買った・頂いたチョコレートをまとめます。

去年の記事はこちら

oukakreuz.hatenablog.com

 

今年のサロンデュショコラは去年の反省を生かしMIカード会員限定のプレ日に朝から参戦。開場30分前には到着したけど、その時点で1000人以上が並んでいて、戦場を予感したよね…。

開場20分後くらいに入って、本命の店に並んで30分。1箱買うのに到着から1時間以上かかったことに。その後も各ブースで3〜40分は並んで購入、せっかくなのでショコラティエ(プレ日と初日の午前中は大抵どのブースも本人が来ている)とツーショットを撮り箱にサインを入れてもらう。皆がこれやってるから混雑が悪化している気はするがお祭りなんだし仕方ない。

f:id:oukakreuz:20170302210011j:image

お使い分も含めて4時間くらい会場を周遊し、腕がもげそうになったのでさすがに帰った。

 

サロショコ(現地)で買った今年の戦利品たち。

f:id:oukakreuz:20170302125231j:image

 

ホテル デュ キャップ エデンロック

f:id:oukakreuz:20170302125652j:image

毎年買うエデンロック。今年はシェフパティシエであるリリアン・ボンヌフォアが自身の個人店を三越銀座限定で来日したためそっちを本命にして、今年はアソートではなくアフターシリーズが3種入った箱に。私はフィグ大好きなのでアフター10派!

 

フランク・ケストナー

f:id:oukakreuz:20170302130126j:image

今年自分用に買った中では一番大物。36個入りアソート。2段の化粧箱入り、最高!

しかも今年は親切にも解説冊子まで付いていた…どうしたの…。

f:id:oukakreuz:20170302130307j:image

 

クリスティーヌ・フェルベール×ジャン ポール エヴァ

f:id:oukakreuz:20170302130404j:image

パンがメインのような写真だな…。去年も買ったフェルベールとエヴァンのコラボジャム。とってもおいしくて良いパンが買いたくなる。

フェルベールのコンフィチュール、日本でも買えたらいいのにな。

 

ベロ&アンジェリ 

f:id:oukakreuz:20170302130550j:image

今年初出店のショコラティエ。従兄弟同士で創業されていて2人ともいらしていた。

転写シートを使わない主義らしいから、この細かい柄は手で作ってるんだなーすごい。

初出店だからか割と早く完売していたような。

 

ブノワ ニアン

f:id:oukakreuz:20170302130721j:image

毎年買ってるブノワニアン。今年は目新しいものが無いからパスしようかと言っていたんだけど、おつかいでタブレットを頼まれてブースに行ったらご本人がいたので小さなアソートを買ってしまった。やっぱり美味しい。レもリキッドも好き!

 

ル ショコラ デマニュエル ブリエ

f:id:oukakreuz:20170302130850j:image

こちらも今年初出店のショコラティエ。CCCを連続受賞されているかなりお若い方。CCC受賞作を集めたアソート、どれもかなり好みだったので来年もリピートしようかなー。試食に出していたビスキュイのボンボンも美味しかった。

 

ピエール マルコリーニ

f:id:oukakreuz:20170302131101j:image

これは正確にはサロショコではなく路面店で買ったギモーヴ。夫がギモーヴ好きなので買った。マルコリーニは王道においしい。しかし今年はマツコの知らない世界で紹介されたおかげで8個入りがいつ行っても品切れだった…全く同じ内容の5個入りはいつも残ってるのに!なぞ!

 

アンリ ルルー

f:id:oukakreuz:20170302131241j:image 

相変わらずコフレの見た目が超かわいい。今年は柄も好み。AYUさんへのお土産にしました。

 

セバスチャン ブイエ

f:id:oukakreuz:20170302131350j:image

今年はブイエのリップ型チョコレートを多色買いして友人達に配りました。伊勢丹に常設店舗があるのでそっちでも5本くらいは買ったかな。友人それぞれに似合いそうな色を選ぶのが楽しかった!みんな「え、チョコレートなの?!」と驚いてくれて嬉しかった〜。

 

ブボ バルセロナ

f:id:oukakreuz:20170302131542j:image

左の方。りこさんにバレンタインであげた。

ちなみに集合写真で左上にいる巨大なハートもブボ・バルセロナ。大きなハートの中に小さなハートのチョコレートがたくさん入っていて、付属の金槌で割って食べる遊び心のある商品。9000円くらい…。

 

ユーゴ&ヴィクトール

f:id:oukakreuz:20170302131705j:image

交換でりこさんに貰ったのはユーゴ。今年の箱かわいいなあと思っていたので嬉しかった!苺尽くし。

 

クリスチャン・カンプリニ

f:id:oukakreuz:20170302210303j:image

私が世界で一番愛するショコラティエ。毎年必ずアソートを買い、近年はクリスマスケーキもカンプリニを予約していたくらいだったのだけど、今年はとある理由からアソートは買わないことに。代わりにサロショコ現地限定のオランジュショコラショーを飲みました。おいしい!

 

ここからはオンラインで注文していた分。

マゼ

f:id:oukakreuz:20170302210439j:image

プラズリン。缶の可愛さにやられた。気軽なおやつに食べられてよい。

 

バビ

f:id:oukakreuz:20170302210548j:image

ピスタチオ尽くしの缶。夫婦揃ってピスタチオが大好きなので購入。色々な食感のものが入っていて楽しい。

 

リリアン・ボンヌフォア

f:id:oukakreuz:20170302210659j:image

今年の大本命。18個入りアソートにした。エデンロックでお馴染みの美味しさ!新しいけど懐かしい、滑らかさも大好き。

 

シャンドワゾー

f:id:oukakreuz:20170302210847j:image

まやねーさんにいただいたタブレット!川口のとても有名なお店で、いつか行きたいリストに入れてたのでいただけて超うれしい。フルーツごろごろ。ピスタチオとフィグという大好きな組み合わせ!

 

ジャンポールエヴァン×クリスティーヌ・フェルベール

f:id:oukakreuz:20170302211216j:image

サロショコの会場で絶対に食べたかったけど2時間待ちと言われ諦めたお二人のコラボスイーツ、クッサンダムール。後日エヴァンの店舗の前を通ったら限定メニューになっていたので思わず。会場のものよりは大きくて手持ちでは食べられないサイズ。オランジュとスリーズひとつずつ注文して食べました。美味しかった!大満足。

 

本当は焦って消費するのも勿体無いし、1年かけてオールシーズンにばらつかせて来日してほしいものだけど、お祭りだから仕方ないね。今年も毎日楽しくチョコレートをいただく冬です。はー、しあわせ。