読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しがります負けたって

舞台と旅とたべもの

ノートルダムの鐘

f:id:oukakreuz:20170310214211j:image

縁あってチケットをお譲り頂き、ノートルダムの鐘を観てきた。

f:id:oukakreuz:20170310214313j:image

10年以上前から四季の会会員で、実は今も継続はしているのだけど、前に観た四季作品が何だったか思い出せ無いくらい久しぶりだ。アラジンも結局チケット取れないな〜と言っているうちにNYで観てしまい…。大阪のLKも行ってないし、本当、前に観たのいつだろう?!
劇団四季を観なくなったのは生オケが無くなったあたりからで、大好きだった方々が退団されてしまい、京都劇場がなくなり、大阪のロングラン作品が交代し、あと単純に四季レパートリーは全作品観てしまったので遠征するほど観たいものもなく…という状態だったからで、別に四季アンチとかいうわけではないです。あしからず。最近の方針は本当にどうかと思っているけど。アンチではない。

とにかくそれぐらい四季から離れて久しいんだけど、ノートルダムは開幕からいつか観たいな〜と思っていた。なぜかというと、映画のノートルダムがめちゃくちゃ好きだからです。好きすぎて学生時代にクラス劇の演目に推薦して脚本演出やったくらい好きです。
曲と美術とパリの街が美しく、お姫様も王子様も出てこない、主人公の容姿が醜い設定、悪役は悪魔や魔女でなくただのセクハラ親父というディズニーでも異色のこの作品、日本語吹き替えキャストが全編四季なんですよね。歌手を起用することすら珍しいのに、なんという本気キャスト。当時の四季のベストメンバーが歌っていて、とても耳福なのだ。ということで四季劇場では昔からノートルダムの鐘のサウンドトラックは販売されていて、ソング&ダンスでも定期的にノートルダムの楽曲は歌われていて、「ここまで四季にとって大事にされている演目なのに舞台版はないんだよな」と思っていたので、輸入が決まったときはとても嬉しかったし、同時に、どう考えても最近のLMやアラジンのような客寄せになる演目じゃないのに思い切ったな、と驚いた。(きっと他作品のバーターなんだろうな…と勝手に思っているけど)

 

前置きが長くなったけど感想ツイまとめ。

2幕まで観て。

ガーゴイルや街の人々が延々と語る形式、2幕の佳境あたりからはさすがにくどく感じたかも。カジモドが衝動のままに動いているときに「カジモドは初めて衝動のままに動いた(例です)」みたいなことを言われると、う、うん、今すごい良い演技でそれを感じてたところだよ…!説明いらない!と思ってしまう。笑

 

私はとにかくフロローが好きなんだ!

 

エスメラルダがまじでいい女なのでフィーバスのどこにやられたのかさっぱりわからない。一緒に行きたい理由あるかな。
クロパンが映画より嫌なやつだったので(よりジプシーの王らしくはある)反動で良く見えているだけでは。。

 

クワイアは別枠採用の方々もいるという話も聞きました。

クワイア本当に重厚感があって良かった…作品の肝。

 

ラストにとにかく衝撃を受けた(そこは映画より原作準拠なのね…という)けど、もしかしたらこれがディズニーがこの作品を買ったときに本来やりたかったことなのかな、という気もしたな。
何を感じましたか?と語りかけられるのは本当に蛇足だと思ったけど、曲もアレンジも好みの作品でした。どれだけ大勢で高音を歌っても歌詞がはっきり聞き取れる、四季の安定感も実感した…また観に行こう。